キャンピングカーレンタル情報館 レンタルキャンピングカーと車中泊の情報

お客様の声やキャンピングカーで泊る場所・観光地の情報

タグ「和歌山」を含む投稿[6件]

2021年卒業旅行

東京都E様 大人4名子供2名でZILをご利用頂きました。

その節は大変お世話になりました。
コロナで、あらゆることが中止になってしまい、輝かしい6年生の最終学年が我慢を強いられることになった2021年、どうしても卒業旅行を実行したく、かねてより計画していた友達家族と夢だったキャンピングカーでの旅行を強行しました。

当初あれも見たい、あそこも寄りたいとてんこ盛りの計画も、冷静に計画するよう教えてくださったり、無理のない旅行計画を立てることができました。

東京から行くことで、ナンバープレートを見た人が、石をぶつけてきたり、車を停めさせてもらえないなどの嫌がらせをされることも懸念したのももちろん、誰かがコロナになったらどうする…などのあらゆる不安を抱えつつ出発したのが3月の卒業式が終わってすぐの金曜日の夜
3泊4日。

まずは練馬から静岡へ、運転手は2家族の父たちが担ってくれ、我々女子供が目を覚ましたら浜名湖に到着、水面に朝焼けの光が反射して眩しかったです。
旅の始まりに6人興奮したのを覚えています。
三重からお伊勢参りをし、「おかげ横丁」で念願の食べ歩き。伊勢うどんは柔らかく、昔の旅人達の疲れた胃袋に優しく作られているんだなぁ…などと思いをはせ、伊勢参りのスケールの大きさに驚き、1日などではとても回れないここはまた今度来よう、と伊勢をあとにしました。

和歌山ではアドベンチャーランドで、1日過ごし、念願のパンダを堪能しました
活動的なパンダ達が新鮮で、いつまでも見てられます

通りすがりに寄った「太地町立くじらの博物館」でクジラとイルカの餌やり体験が出来てとても良かった
人に懐いてて寄ってくるんですよ、クジラの鳴き声もあんな間近に聞けて感動しました

和歌山では宿泊した横に野球のグラウンドがあり、早朝野球チームが練習してるところ子どもたちは参加させてもらったり
普段体験できないことを沢山、経験しました
全て車中泊でしたが、快適で、安眠できましたね、動く移動ホテルって感じ。普段とは違った2家族での暮らしも楽しく、次は、いつどうする?なんていう話も。このコロナ下では安心安全な旅の移動手段と思いました。また機会がありましたらよろしくお願いします。

20220202114525-admin.jpeg 202202021145251-admin.jpeg 202202021145252-admin.jpeg 202202021145253-admin.jpeg 202202021145254-admin.jpeg 202202021145255-admin.jpeg

#ZIL3#和歌山#アドベンチャーワールド

by admin. お客様の声,車中泊場所,その他の場所 <978文字> 編集

時間の制限なく自由に旅がしたくて

埼玉県H様 大人1名子供2名でZILをご利用いただきました

2021.7/26の夜から7/31までZILをお借りしました。
以前から時間の制限なく自由に旅がしたくて今回キャンピングカーのレンタルに至りました。
初めてでしたがリトルティピさんの丁寧な対応で旅行前に試運転し旅行中も不安なく過ごせ、最高の和歌山~静岡~神奈川の旅でした。
和歌山ではリトルティピさんにロケーションが最高とお勧めいただいたグランパスinnのキャンプサイトに停泊しました。
夕日を見ながらBBQや白浜の海は最高でした!
温泉はとれとれ市場内にある『とれとれの湯』が一番最高でした。
日帰り温泉はコロナの影響で県外受け入れしてない場所もあるので確認してからの方が良さそうです。

20220114172135-admin.jpg 202201141721351-admin.jpg 202201141721352-admin.jpg

#ZIL3#和歌山#南紀白浜#グランパスinn#はじめてのキャンピングカー#海が見える

by admin. お客様の声,車中泊場所,キャンプ場,近畿 <392文字> 編集

熊野古道とヤマトの国めぐり

東京都O様 大人2名でZILをご利用頂きました。

一日目

夜からレンタルでスタート。

今回は長距離を走る為、走行性に優れたZILをレンタルしました。

予想通りの足回り、夜の新東名高速道を快適に走行し、予定通りの時間に遠州森町PAに到着。

途中のSAで購入したお弁当で遅い夕食を済まして就寝。

遠州高森PAはネットの情報通り、大型車と普通車の駐車場が建屋を挟んで分離している為、アイドリングの音も殆ど気にならず熟睡出来ました。



二日目

ひばりの声で目覚めてシェードを開けると、実に美しい朝焼け。

PA併設の公園沿いに止めたZILの大きな窓を開け放ち、淹れたてのコーヒーを味わいつつパンで軽い朝食…これぞキャンピングカーの醍醐味だなぁ…。

二日目の目的は伊勢神宮。先ずは外宮・そして内宮。平日なのに結構参拝客が多く、それぞれの社の前に行列が出来ていたのには驚きました。

内宮のA駐車場は平日なのに30分待ちとの事。B駐車場は空いているがB1~4までは精算機の上部が低くキャンピングカーでは無理!

五十鈴川の河原にあるB5駐車場を利用しました。B5駐車場突き当りの橋の下は「おかげ横丁」のすぐ近くで、以外と便利、お勧めです。

ただB5駐車場の2つの出口のうち、内宮に近い出口の上には木の枝が張り出しているので、出庫の際には遠い方の出口からどうぞ。

伊勢神宮の後は二見ヶ浦の夫婦岩を鑑賞、いよいよ熊野古道方面へ。

二泊目の夜は紀勢自動車道「紀北PA」で車中泊しました。このPAは2年前に出来たばかりで、駐車場も本線から少し離れていてとても静か。車中泊にはうってつけです。



三日目

今日の目的は那智の滝経由で熊野本宮方面へ。

伊勢自動車道を降りたところで「世界遺産 鬼ヶ城」という看板を見かけてちょっと寄り道…これがまた素晴らしい絶景でした。

海岸沿いの絶壁に人ひとり通れる程度の道が付いており、向こう側まで渡り切れるかハラハラしながらチャレンジ。

20220107113313-admin.jpg

1時間近くかけて景色を堪能しながら渡り切りましたが、少しでも海が荒れていたら絶対無理なコース。
とても同じ道を帰る気にはならず、旧道のトンネルを通って駐車場に戻ることにしました。

途中、地元のおばあちゃんに「どこから来たの」「東京」「そりゃまたえらく遠くから来ましたなぁ…」「三日かかりました。」「そりゃそうじゃろ。」なんて会話しながらなんとか駐車場までたどり着き、昼食。これから那智の滝まで熊野古道を歩くのに体力使いすぎたかなぁ…。

那智の滝では大門坂駐車場に車を停め、熊野古道の階段をひたすら上へ…


先程の鬼ヶ城といい、大門坂からの熊野古道といい、平日だからか歩いている人は殆どいません。
那智大社までたどり着いてスマートフォンを確認したら、登った階数75階相当!

那智の滝を堪能した後は今夜の宿泊地、北山村の「道の駅 おくとろ」へ…。ところがこれが道の選択を間違えて大変な酷道(国道)を通る羽目に…

一台通るのがやっと、とれもすれ違い出来ないような道幅が延々と続く山道をハラハラしながら走って行くと突然目の前に千枚田が…。


偶然たどり着いたのは日本一の棚田風景とも言われている丸山千枚田。
夕暮れの千枚田はとても綺麗でしたけど、キャンピングカーで行くのはお勧めしません。もっとちゃんと道を下調べしておけばよかった…ああこわかった。

「道の駅 おくとろ」は温泉もあり、予想以上に美味しいバイキングもあって最高でした。蛙の声を聴きつつぐっすり…



四日目

朝は鳥の声を聴きながらZILでモーニング。実に清々しい朝です。

202201071133131-admin.jpg

軽く散策した後は「道の駅 おくとろ」を出発して熊野本宮大社へ。

先ずは明治時代まで熊野本宮があった「大斎原」にお参りし、バスで発心王子へ。

バスはガイド付きのツアーで結構混んでいました。ツアーの皆さんはちゃんとしたハイキングスタイルで来ているけど、僕らは散策スタイル…大丈夫かなぁ…

ツアーのガイドが発心王子で説明しているうちに、僕らは先行スタート。

里山と森の中を通る道を独り占め(二人占め)しつつご機嫌に「熊野古道 中辺路」を楽しみました。

蘇生の森は木漏れ日の中にシダが揺れ、本当に癒されました。

202201071133132-admin.jpg

昼には熊野本宮に到着、2時間強の道のりでした。
熊野本宮からは龍神スカイラインを抜け高野山へ。高野山では宿坊に泊まり、精進料理を堪能しました。



五日目

宿坊を出てキャンピングカーは中の橋駐車場へ。大きなキャンピングカーを止めるのには格好な駐車場でした。

中の橋からはタクシーで大門へ行き、高野山散策をスタート。

平日で朝早かった為か歩いている人もまばらで、清新な気の中で一つ一つの寺院・仏像、そして街並みを堪能しました。

202201071133133-admin.jpg

やはり1200年の歴史の街はすごい…とあちらこちらで感銘しつつ、奥之院にたどり着くと午後3時を廻っていました。
翌日は三輪山登拝の為、奈良の「道の駅 宇陀路大宇陀」へ向かいます。

車中泊予定地の近くで立ち寄った「大宇陀温泉 あきののゆ」の静かな環境がすっかり気に入り、受付の方に相談すると「車中泊OKとは言えませんが目をつぶりましょう」との事。

夜は久し振りに満天の星空と天の川を堪能しました。

202201071133134-admin.jpg


六日目

鳥の囀りの中で朝のコーヒーを飲んでいると、目の前を走っていくのは野生のシカ!さすが奈良県…と変に感動しながら本日の目的地の三輪山へ。

大神神社の駐車場に車を停め、いざ御神体の三輪山登拝へ。

神社の標高は80m。三輪山山頂の標高は467m、標高差は実に387m。そこを1時間程度で登拝し、また神社まで降りてくるのですから、考えてみればなかなかのもの。

スマートフォンに表示された登った階数は実に101階、スカイツリーの第一展望台まで往復した感じでしょうか…

御神体ということもあり、平然と裸足で登って来る人がいるのには驚きました。

その後、元伊勢と言われている桧原神社まで山の辺の道を往復し、昼食はお決まりの「三輪そうめん」。疲れた体にしみるなぁ…


午後はどうせここまで来たのだから…と石舞台古墳や高松塚古墳を巡り、刈谷ハイウエイオアシスで車中泊。

土曜の夜という事もあり結構周りは騒がしかったようですが、疲れ果てて爆睡です。

七日目

今日はひたすら東京へ向かいます。

沼津サービスエリアで海鮮丼に舌鼓をうちつつ、練馬に到着したのは午後3時過ぎ。

七日間の走行距離は1553キロ。よく走り、よく歩いた旅でした。

次回は滞在型のキャンピングカー旅行を企画しようと思いつつ、ZILに暫しの別れを告げました。

#ZIL3#和歌山#長期旅行#遠州高森パーキングエリア#伊勢神宮#紀北パーキングエリア#道の駅おくとろ#大宇陀温泉あきののゆ#ハイウエイオアシス刈谷#旅行記

by admin. お客様の声,車中泊場所,道の駅,近畿 <2873文字> 編集

和歌山・神戸の旅

先日、和歌山・神戸に家族旅行に行って来ましたのでご報告です。
メンバーは、夫婦二人と高1、中2、小6、小1の6人。車両はアトムにしました。
アトムにした理由は、
・運転が普通車に近く、気楽なこと
・後部二段ベッドが多少窮屈でも、小さい子供が混じれば6人で寝れる
・スピードとパワーが出ないが、燃費が良い(リッター9キロ位)
・神戸の繁華街に行く予定なので、コンパクトサイズが良い
です。

最初に車中泊したのは、ハイウェイオアシス刈谷です。

202112191612586-admin.jpg

サービスエリア等で休憩する場合、このようにエントランスドア側に安全地帯等のスペースがある場所が良いと思います。

最近何かと話題の太地町くじらの博物館

20211219161258-admin.jpg

家族で捕鯨について色々議論して、勉強になりました。

2021121916125810-admin.jpg


潮岬、本州最南端に行きました。

202112191612581-admin.jpg

和歌山ラーメンを食べてから、高野山に行きました。

202112191612582-admin.jpg 202112191612583-admin.jpg 202112191612587-admin.jpg

何処の観光地も駐車場は、全く困りませんでした。

神戸に向かう途中、USJ近くの阪神高速5号湾岸線、中島パーキングエリアで車中泊。

202112191612588-admin.jpg

北野町のパーキングに停めて、異人館めぐり。

202112191612589-admin.jpg

六甲山牧場で羊たちと遊びました。

202112191612584-admin.jpg

202112191612585-admin.jpg

アトムの旅はゆっくりですが、コンパクトな車両なのに室内は結構ゆったりしていて快適です。
ライトキャブコンは、今までにマッシュやアミティーに乗った事がありますが、バンクベッドの広さはアトムが一番です。あと今回スーツを持って行く必要があったので、クローゼットが大変役立ちました。

これから、ゴールデンウィーク・夏休みと続きますが、是非、アトムでお出掛け下さい。楽しいですよ!!


#アトム#和歌山#神戸#ハイウェイオアシス刈谷

by admin. 日記,車中泊場所,道の駅,近畿,その他の場所 <729文字> 編集

5泊6日の大旅行

東京都S様 大人2名子供2名でアトムをご利用頂きました

生涯で初めてのキャンピングカーの利用でした。
若い時期は、夫婦で、連休のたびに、ファミリーカーの長距離旅行を趣味のように楽しんていました。しかし子供が生まれてからは、日々の生活に追われ、さらに、子供が車での長距離移動が苦手という理由も重なり、なかなかそういう機会に恵まれませんでした。
しかしこのサイトを偶然発見し、手軽にキャンピングカーをレンタルできることを知り、また、子供もある程度成長したので「今年こそは」と一大発起してキャンピングカーでの旅行を実施しました。
初めてのキャンピングカーなので、当初3~4日程度の近場の旅を考えていたのですが、せっかく借りるのだからと、いろいろ計画しているうちに、結局、年明けを挟んだ5泊6日の大旅行となりました。

初日は夜中に東京から滋賀まで走行し、琵琶湖のほとりに道の駅を見つけて睡眠。次の日は朝から彦根城を見学し、夜は三重のイルミネーション。翌日は、早朝から和歌山をドライブし、後半はパンダと戯れました。大晦日は奈良で修学旅行の定番コース、元日は大阪の町を食べ歩き、正月二日はUSJで早朝から閉館まで走り回りました。いま思い返しても、かなりのハードスケジュールでした。
予定では、リニューアルされた姫路城にも行くことになっていましたが、歴史にまったく興味のない子供が彦根城や奈良観光のあと、どうしても姫路城は勘弁してほしいということになり、急遽予定を変更せざるを得なくなりました。まあ、キャンピングカーということもあり、USJ以外は一切予約なしの旅行だったので、途中の予定変更も想定の範囲内でした。

なんといっても車での長距離移動が苦手だった子供たちが、このキャンピングカーをとても気に入り、今回の旅の一番の想い出は何かと質問しても「キャンピングカー」と答えるほどだったことが、計画を立てた私として最もうれしかったことの一つです。特に、地方の特産品をいろいろな店で買い集め車内でゆっくりと食べたことや、毎夜、持参したDVDや正月番組を家族そろって見たことなどが、楽しかったようです。私自身、細い道の走行や駐車場等に若干の制約があることと、少し加速が物足りないこと以外は、とくに普段と変わらずドライブすることができ、逆に周囲の車に対し優雅な旅を満喫していることをアピールしながらドライブできたことに非常に満足しています。

今回は冬でしたが、次回は夏や秋にまた借りて、家族でキャンプに行きたいと思っています。
20211219153551-admin.jpg 202112191535511-admin.jpg

#はじめてのキャンピングカー#USJ#和歌山#奈良#琵琶湖#アトム

by admin. 車中泊場所,道の駅,近畿 <1103文字> 編集

DASHBOARD

■全文検索:

複合検索窓に切り替える

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■最近の投稿:

■ハッシュタグ:

■日付一覧:

■日付検索:

■カレンダー:

2022年2月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

■フリースペース:

編集

▼現在の表示条件での投稿総数:

6件

▼最後に投稿または編集した日時:

2022年10月4日(火) 17:19:38

RSSフィード